玄関からの侵入を防ぐためにカギをしっかりかけたり、複数の鍵を設置するなどの対策が普及した結果、次に空き巣犯などが目を付けたのが窓です。玄関と比べると窓に対する防犯意識はまだまだ低いので、玄関はしっかり鍵を閉めていても窓は鍵をしていないという家も見られます。実際に現在では家に侵入される場合の7割が窓から入ってくることが判明しています。泥棒はこじ割りや打ち割りなどの方法で、施錠されている窓でも無理やり割って侵入します。

そのため鍵をかけているだけでは防犯には不十分なのです。そのため、窓を簡単に割ることのできないようにするための防犯グッズを取り入れる家庭が増えています。窓用の防犯グッズとして定番なのが防犯用のフィルムです。完全に窓ガラスが割れることを防ぐことができるわけではありませんが、窓から侵入しようとするととても時間がかかります。

統計では窓から侵入するまでに5分以上かかると泥棒は犯行への意欲が大幅に減退して、その家への空き巣を明寝る傾向があるとされています。ですから、割れにくくする防犯フィルムの効果だけでも充分意味があるのです。窓を割られてしまった後にクレセント錠を開けられてしまった場合でも、部屋に入ることができないようにするために有効な防犯グッズは補助錠です。補助錠を開けるために再びガラスを割る作業をしないといけなくなります。

防犯フィルムを窓に貼っておいて、補助錠を設置するようにしておくとより安全性が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です