空き巣の多くは窓から侵入します。ガラスを割ってからクレセント錠を外して侵入するのですが、わずか5分で簡単に侵入されてしまいます。その反面、5分以上かかると大半の犯人は部屋に侵入することを諦める傾向があるとされています。もし空き巣に狙われたとしても、防犯グッズで侵入に時間がかかってもたつくようにしたらいいのです。

窓の場合は、振動アラームや補助錠、防犯フィルムなどが市販されています。防犯フィルムを窓ガラスに貼っておくと、泥棒がバールなどでガラスを何度も強打してもひびが入るだけで割ることができません。UVカット加工をしているものもあり、健康にもいいという隠れたメリットもある防犯グッズです。補助錠はあらかじめ設置されている所も多いですが、もし補助錠がない窓の場合は高い場所に設置しておくと安全です。

振動アラームは、窓に振動が伝わると大きな音が鳴り響くので近所の人にも異常を伝えてくれます。スマートフォンと連動して連絡をしてくれるものや、警備会社に連絡まで行ってくれる有能なアラームまで出ています。もし防犯フィルムを使う場合ですが、フィルムの分厚さに注目して選ぶようにするといいでしょう。防犯グッズとしてマークがついているものはかなり厚みがあるものが多いです。

飛散防止用よりもかなり分厚くなっています。業者にきっちり貼り付けてもらう方がいいですが、自分で貼る場合は窓ガラス全体化補助錠やクレセント錠の付近に貼るようにするのがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です