予想外のアクシデントを防ぐために、防犯グッズは大きな役割を果たします。持っていた方がよい防犯グッズの一つは、猫目に取り付けるカメラです。最初からカメラインターフォンが付いているなら、必要ありません。築年数が経っていると、自分でカメラを付ける必要があります。

ドアの内側から、猫目の部分に取り付けます。訪問者が来た時に猫目から覗きますが、相手側にも覗いていることがわかります。ドアを開けたくない時、在宅であることは知られたくありません。カメラを取り付けるなら画面に映るので、覗かなくても誰が来たかわかります。

別の必要な防犯グッズはサッシをロックする物です。取り付けることで、万が一ガラスを割って侵入しようとしても、部屋に入ることができません。子供がいるなら、防犯ブザーを持たせたいに違いありません。首からぶら下げるタイプが便利です。

子供でも簡単に使えるものを選びましょう。緊急時にすぐ使えるように、仮定訓練をするなら慌てません。治安が良い地域でも、いつどんなことが起こるか予測がつきません。玄関や窓の戸締りをしっかりすることは、防犯の基本です。

近所にゴミを出す時も、玄関の鍵をかける必要があります。すぐ帰って来ると考えて鍵をかけない人がほとんどです。ゴミを出した後にご近所の人と話し込むこともあります。相手はプロですから、数分で目的を達成します。

自分だけは大丈夫だと考えずに、防犯意識を持つことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です