防犯グッズの種類といえば、大きく分けて空き巣対策用と護身用の2種類あります。泥棒の手口の多くはまず一度下調べをしてから判断し、侵入してきます。窓からの侵入が多く、5分以上かかると約7割があきらめるといわれています。また音に対して強い警戒心を持っています。

そこで住宅用の防犯グッズとして考え出されたのが、動くものに対して反応する人感センサーライト、防犯カメラ、窓に張り付ける透明ガラス用防犯フィルム、窓があいたり又は振動で警報が鳴るセンサー、家の周りに敷き詰めて踏むと音の出る防犯用砂利など、多くの種類があります。または番犬という手もあり、物音や気配で吠えるのでとても役に立つにですが、デメリットとして反応が強いとしょっちゅう吠えるので、人間の方がそれに慣れてしまい防犯に対しての警戒心が薄れてきます。重要なのは泥棒に警戒心を持たせ、この家の住人は防犯意識が高く、侵入することは難しいと思わせることが重要なので、これらの防犯グッズはすべて効果があります。専門店などで売られていますが、ホームセンターや通販などでも手ごろな値段で購入することが出来ます。

しかし現在住まわれている家に、過去泥棒に入られたことがある方は、一度プロの防犯専門業者に相談してみた方がいいと思います。プロならではの豊富な知識に基づき、そのお宅に適した防犯対策や防犯グッズを教えてくれます。また無料で訪問し見積もりをしてくれる業者も数多く有ります。護身用の防犯グッズとしては防犯ブザーやライト、催涙スプレー、スタンガンなどがあります。

重要なのは持っている、備えているという安心感と、個人や家族の防犯意識が高まるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です