SFAとは?CRMとの違いは?

by:

オフィスシステムビジネス

SFAとは営業支援ツールのことです。営業活動の情報共有をすることで現場の状況をリアルタイムで把握し、問題などの解決につなげます。よく比較されるシステムにCRMがあります。顧客との関係性を管理するシステムで、対象が顧客です。

どちらも営業に関係することから、似ていると考えられますが、よく比較すると違うものです。共存することはできても、置き換えることはできないのも同じものではないからと言えます。SFAとは営業の活動を支援するために使われるものですが、個人管理から組織管理に移行するシステムとも言えます。そのため案件は、誰の担当と決まっているのではなく、突然他の人が行ってもできるようにする狙いがあります。

一人に案件が集中して、顧客に不満を感じさせることがないように組織で対応します。対応の仕方もできるだけ共通化することで、同じアプローチが可能です。SFAとは営業にフォーカスしたシステムですが、CRMは顧客に重点を置いたシステムです。どのようなことを期待されているのか、ニーズのある顧客とはどんな人かなどを分析によって明確にします。

2つの関係性を具体的に考えると、CRMで考えた顧客像とアプローチ方法で、SFAによって効率よく営業活動を行うと言う感じです。どちらか一方を使うのでなく、両方使うことでより良い結果に近づけます。SFAができることは営業力の向上と底上げで、CRFのできることはマーケティングの効率化になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です