CRMとはどういったものなのか

by:

オフィスシステムビジネス

CRMとは顧客関係管理を表し、広義でいうと顧客に適切な対応をすることで顧客との良好な関係を構築・維持していくことを表しています。CRMを効率よく使用することにより、適切な顧客管理を行うことができるため現在多くの企業で導入されているのです。広義のCRMとは顧客管理をする管理性を指します。顧客情報や顧客管理をシステム的に行うことにより、スムーズに顧客満足を得ることを目的としているのです。

また狭義の顧客データを扱うツールの事を指します。顧客管理を行うために適切なツールを使用する必要がありますが、企業の規模が増えるほど顧客の数が増えるためになかなか管理が行き届かなくなってしまうという悩みを抱えている企業が多いのが現状です。CRMとは顧客がどのような動きをしたのかを大局的に見るシステムであり、顧客と関係性を築くためのアクションの役割を果たすのです。顧客の住所や氏名などデータを入力しておくことで、顧客の購買実績や購買傾向を記録することができ、それをもとに顧客に見合った商品を提示することが出来ます。

アンケート機能も備わっており、顧客に要望についてアンケートを実施されることでニーズを的確に把握することが可能です。アンケートの結果を商品開発や顧客満足のツールに反映させることにより、事業の展開の助けになることは間違いないでしょう。なかなか個人ではしているつもりでも思い込みや習慣が出てしまいます。システムを導入することにより、マンネリを防ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です