営業支援システムSFAとは

SFAとはSelesForceAutomationの略で、営業支援システムのことです。営業支援システムは、その名の通り営業を支援してくれるツールで、商談から受注までの進捗状況を可視化して管理を行います。この他に、過去の商談履歴や顧客に関する情報を記録・管理したり、アポイントの期限など、営業に関する業務を全て可視化するることで営業活動の効率化が可能にしてくれるシステムです。SFAの主な機能は、顧客管理、案件管理、行動管理、予実管理、レポート管理の五つを指します。

顧客の氏名や企業情報、商談履歴といった情報を可視化して管理したり、営業活動の進捗状況を全体的にだけでなく、個々の案件もチェックできるようにしてくれます。行動管理は担当者の訪問回数や受注率といった営業活動に関する行動情報を管理し、予実管理は集めたデータから売上予測と実績を可視化する機能です。レポート管理は活動報告を、定型化したフォーマットでスマホやPCから送れるようにしてくれる機能になります、このように、SFAとは営業活動をスムーズに効率化してくれる死ステムといえます。SFAとセットで語られるCRMはCustomerRelationshipManagementの略称で、顧客に関する情報の管理し、その情報を元にマーケティングやサポートなどを行うシステムです。

一見SFAと同じように思えますが、CRMはSFAとは違い、マーケティングからサポートまで幅広い場面で使用できます。例えば、顧客に感ずる情報を会社名や担当者名だけでなく、購買目的や購入した製品、次期購入の見込みなど細部に渡って登録し、社員同士でその情報を共有できるようにしてくれます。SFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です