SFAとは何でどんなメリットがあるのか

SFAとはSalesForceAutomation(セールス・フォース・オートメーション)の略で、営業支援システムを指します。SFAとは、営業部隊(セールスフォース)を支援して営業活動を効率化することにより、利益の拡大を目的としたシステムで、1990年代にアメリカから日本に紹介されました。それまで営業の仕事と言えば、勘や経験、根性に頼る活動がメインでした。しかしSFAを導入すれば、科学的かつ自動的な営業活動に改善することができると、日本でも広がり始めました。

近年では導入する企業が増えています。SFAを導入すれば、営業活動に関する情報がデータ化されるので、生産性が上がり業務効率が向上します。売上と利益が拡大できる業務プロセスが実現可能となるのです。個々の営業担当者の動きを可視化することにより、営業部全体の動きを改善することができます。

営業担当者にとっても、やるべきことが明確になるだけでなく、報告書や商談リストの作成やスケジュール管理が簡単になりますし、必要な情報の検索ができるので、業務の効率化が図れます。さらに顧客情報の管理や分析により、契約率の向上にも効果が期待できます。たとえば、顧客との過去の商談や現在進行中の案件の状況がひと目でわかりますし、担当者の情報やアポイントメントなどのスケジュール管理も編集可能です。これらの情報をすべての営業担当者が共有することによって、セールス活動の重複が避けられます。

このようにSFAとは、営業の自動化に欠かせないシステムなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です