SFAとは何のことか

SFAとは「営業支援システム」のことで、社内で営業に関わる社員たちが、一人一人の活動状況や商談の進捗状況、顧客などの情報を共有するために活用できるシステムです。もともとはアメリカで開発されたものですが、近年は日本の企業でも必要だということで導入する会社が多くなっています。SFAを導入すれば、個々の情報をリアルタイムで知ることができたり顧客の情報を事前に知ることもできるので、その情報をもとに商談がしやすくなります。またほかの社員がうまく契約を取れた場合にどのような方法で契約できたかという情報も知ることができるので参考になり、システムを通じてアドバイスをもらうことも可能です。

それに営業の社員を管理するマネージャーにとっても社員一人一人の状況を一目でリアルタイムに把握することができるため、マネジメントがしやすくなるということもメリットです。営業能力は個々によって様々で、どんどん契約を取ってくる社員もいればなかなか獲得できない社員もいます。そんななかSFAを導入することで、営業成績の良い社員があまり良くない社員たちにノウハウを提供することができるので社員間の格差が小さくなり、チームワークも生まれやすくなってきます。チームワークが高まると営業部署全体で営業成績を上げることができます。

だからSFAとは営業部のチームワークを高めるツール、そしてSFAとは社員たちの士気を高め部署全体の成績を上げるツールなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です