SFAとは業務を助ける重要システム

SFAとは日本語では、営業支援システムといいます。営業業務のなにかと多い作業を目に見えるかたちでサポートするものです。営業では、商談からはじまり企画書や様々な書類、先方からのクレームなど多岐にわたりますが、整理すると機械的に同じような作業も多くあります。それを手助けする役割をなします。

SFAとは定型化している業務を進めていくシステムであり、導入をする利点には、営業担当者がより、重要事項に時間を使い業務を行える所にあります。売り込みたいところへかける労力と、時間が増えることで相手方へのアピール力の向上が大きく期待できます。SFAとは、CRM(顧客関係管理)と違い、顧客のためのものではなく働き手側のものであるのが大きな違いです。CRMのなかにも顧客とのコミュニケーションなどの記録や、接触記録などもふくまれます。

大きく2つが別のものではなくCRMという大きな枠のなかにSFAがある。という考え方でもまちがいではありません。営業者により強力な手助けをしてくれる、いわばいままでどの仕事でも必ず取ってきた決まりきった、見積り書や、売上予測などの仕事をしてくれる便利なものです。組織としての利点は、一人の担当者の行動プロセスが目に見えるかたちで残ることによって、問題点や改善点を見つけ出しより、個人の売り上げを期待することが出来ます。

組織として個人の売り上げはとても大切ですが、ノルマとして個人か抱える問題やプレッシャーをSFAの導入により改善できます。監視する目的ではなく、組織も個人も助けるためのシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です