営業関係の仕事で使われるSFAとは

SFAとは営業関係の仕事に使用するツールであり、営業を可視化してその業務を支援するためのものです。SFAには様々な種類があるため、どういった営業を行っているのかを把握し、自社にあったものを選ぶことが大切になります。営業の成績や状況はエクセルでも管理することができるのですが、エクセル管理は個人の管理となってしまうので、チャンスの時に顧客にすぐにアプローチできないデメリットがありました。さらに他部門との連携も難しく、引き継ぎが思うようにできないことも多いです。

ですがSFAを導入することによりこのような問題を解決することができ、迅速な対応が可能となります。SFAとは営業だけでなく様々な部門との連携を図るツールでもあり、機能としては顧客管理や活動の管理、日報や通知機能、データ分析となります。顧客管理では担当者の名前の他、商談や名刺交換を行った際の名刺情報が把握でき、ツールによってはスコアリングを行い優良顧客を判別することも可能です。活動管理は自分の行動を記録します。

SFAとは様々な人が多角的に見ることにより、より良い営業へと結びつけていく目的があるため、ツールを使うことにより営業課全体で改善すべき点が見えてくるほか、営業力を強化することもできます。SFAを導入することにより、個人の状況だけでなく営業の部署全体の動きを把握することが可能であり、チームとしての結果を出しやすくなります。分析レポートはそのまま営業会議に持ち込めるようになっているため、時間の削減にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です